だいたい正しそうな司法試験の勉強法

30代社会人、妻子あり。「純粋未修」で法科大学院に入学し、平成30年司法試験に一発合格。勉強法・書評のブログです。

司法試験対策本の書評

「わかる基本書」「書ける基本書」ー民法の基礎(佐久間毅)

司法試験お役立ち度90点、ひとことで言うと「基礎ではないけど最高の教科書」民法の基礎(佐久間毅)の書評です。

事例でわかる伝聞法則と刑訴法のベスト教材再考

司法試験お役立ち度90点、ひとことで言うと「伝聞対策の真打ち登場」、ローでの実務系講義を再現した「事例でわかる伝聞法則」の書評です。

令和元年の司法試験(刑法)と、ひとりで学ぶ刑法

司法試験お役立ち度65点、ひとことで言うと「刑法の新傾向にフィットする副読本」、「ひとりで学ぶ刑法」の書評です。例和元年の司法試験(刑法)についても触れています。

倒産法演習ノート22問〔第3版〕

倒産法の演習書を概観した上で、倒産法演習ノート22問の内容・使い方を中心に紹介していきます。司法試験レベルを超えていると度々噂されますが、本書を使うべき理由を知っていただければと思います。

倒産法の基本書・判例集・演習書リスト〔2019年版〕

倒産法の特徴・魅力に触れた上で、オススメ書籍の使い方を紹介していきます。受験界での行為規範である、他人と全く違うことを書くのは危険という認識の下、奇をてらわないポピュラーな書籍を紹介します。

エクササイズ刑事訴訟法と、演習書の「潰し方」

司法試験お役立ち度100点、ひとことで言うと「現状の刑訴演習書No.1」エクササイズ刑事訴訟法の書評です。例和元年の問題についてもちょっと触れています。

令和元年の司法試験(雑感)と、担保物権法 第2版(松井宏興)

令和元年の司法試験についての雑感と、担保物権法(松井宏興)についての書評です。司法試験お役立ち度75点、ひとことで言うと「とりあえず担保物権法のファーストチョイス」

平成30年度重要判例解説(後半)

平成30年度重判掲載判例(民事系&刑事系)の個人的なランク付けについて書いています。

平成30年度重要判例解説(前半)

「重要判例解説」の学習での活かし方、平成30年度重判掲載判例(公法系)の個人的なランク付けについて書いています。

完全講義 民事裁判実務の基礎〔第3版〕(上巻)

司法試験お役立ち度85点、ひとことで言うと「空気を読んでくれる要件事実の教科書」。完全講義 民事裁判実務の基礎の書評です。

ロジカル演習 民事訴訟法と論理的表現力

・司法試験お役立ち度70点、・ひとことで言うと「民訴答案の論理構造を知る」ロジカル演習 民事訴訟法の書評です。

判例講座刑事訴訟法〔捜査・証拠篇〕

司法試験お役立ち度100点、ひとことで言うと「最強のあてはめ教科書」。刑事訴訟法の司法試験対策としては、もはや定番?の判例講座刑事訴訟法の書評です。

商法の基本書・判例集・演習書リスト〔2018年版〕

各教科のオススメ教材リストの第8弾、商法です。副読本、手形小切手法なども含めて、かなり幅広い書籍をアップしています。

知的財産法の基本書・判例集・演習書リスト〔2018年版〕

各教科のオススメ教材リストの第7弾、知的財産法です。うまく「とっかかる」ためにオススメの基本書、自作ノートなどを紹介しています。

刑法総論(各論)の悩みどころ

司法試験お役立ち度90点、ひとことで言うと「流行?の論点が猛烈にわかる」 難しい論点が圧倒的にわかりやすい、という教科書の見本のような「刑法総論(・各論)の悩みどころ」の書評です。

初学者のインプット教材と、情報量

初学者の段階では、適切な情報量のインプット教材を選択することが重要となってきます。その観点から、いくつかの教材をみてみます。

行政法の基本書・判例集・演習書リスト〔2018年版〕

各教科のオススメ教材リストの第5弾、行政法です。行政法は、民訴法と並んで「基礎概念(理論)がどのように働くかよくわからん」科目ですので、判例分析や、演習がとても重要です。

論点精解 民事訴訟法ー処分権主義と訴訟物理論

司法試験お役立ち度75点、ひとことで言うと「民訴の難問対策本」。抽象的な民訴の基礎概念・理論を、判例の要件事実的分析により説明する、「論点精解 民事訴訟法」の書評です。

刑事訴訟法の基本書・判例集・演習書リスト〔2018年版〕

各教科のオススメ教材リストの第5弾、刑訴法です。刑訴法は、司法試験の科目の中では最も「安定した得点源」としやすい科目だと思います。まず、範囲がさほど広くなく、捜査法・証拠法からはほぼ確実に出題されます。 また、少なくとも司法試験との関係で言…

知的財産法演習ノート23問〔第4版〕

司法試験お役立ち度95点、ひとことで言うと「知財法選択者は絶対購入」。問題の質が高く、解説もわかりやすく、網羅性があり、参考答案がついている…、ほぼ無敵の演習書です。「知的財産法演習ノート23問」の書評です、

民事訴訟法の基本書・判例集・演習書リスト〔2019年版〕

筆者がおすすめする、民訴法の基本書・判例集・演習書の2019年度版のリストです。書評は簡単なものです。

憲法の基本書・判例集・演習書リスト〔2018年版〕

筆者がおすすめする、 憲法の基本書・判例集・演習書の2018年度版のリストです。書評は簡単なものです。

民法の基本書・判例集・演習書リスト〔2018年版〕

筆者がおすすめする、民法の基本書・判例集・演習書の2018年度版のリストです。書評は簡単なものです。

刑法の基本書・判例集・演習書リスト〔2019年版〕

筆者がおすすめする、刑法の基本書・判例集・演習書の2019年度版のリストです。書評は簡単なものです。

ケースブック行政法〔第6版〕と行政法判例の学習方法

司法試験お役立ち度85点、ひとことで言うと「行政法の判例集は絶対にこれ!」。正直に言ってハイレベルな判例集です。しかし、腰を据えて取り組めば、「判例を読むだけで答案が書けるようになる」、素晴らしい本です。「ケースブック行政法〔第6版〕」の書評…

Law Practice 商法〔第3版〕と平成30年司法試験商法

司法試験お役立ち度85点、ひとことで言うと「これとリークエで商法は完璧」。苦手な受験生が多い商法ですが、基本的な事項を正確に押さえるのが重要です。その用途に最も適していると思われる、「Law Practice 商法〔第3版〕」の書評です。

基本事例で考える民法演習

司法試験お役立ち度60点、ひとことで言うと「問題意識を拾うための演習書」。民法の演習書は「定番」がないので、ハイレベルな本書を基礎的な演習書と組み合わせて使うことをオススメします。「基本事例で考える民法演習」の書評です。

憲法判例の射程と「判例で書く」ためのインプット

司法試験お役立ち度100点、ひとことで言うと「憲法の判例集の決定版。必読。」「判例で書く」ためには、判例法理の射程を意識してインプットしなければなりません。司法試験対策には、本書を繰り返し読むことをおススメします。「憲法判例の射程」の書評です…

特許法入門

司法試験お役立ち度80点、ひとことで言うと「安心安全な特許法の基本書」。司法試験の特許法は、本書か、高林先生の「標準特許法」が定番でしょう。やや古いのが気になりますが、本書はまだまだ使えます。「特許法入門」の書評です。

基礎演習行政法〔第2版〕-行政法を制する者は、司法試験を制する-

司法試験お役立ち度100点、ひとことで言うと「行政法が苦手な人の最初の一冊」。行政法が苦手な人は多いと思いますが、行政法の答案が上手に書けるようになると、他教科の答案のレベルも上がります。全教科に通ずる「書き方」を学べる基礎演習行政法の書評で…