だいたい正しそうな司法試験の勉強法

30代社会人、妻子あり。「純粋未修」で法科大学院に入学し、平成30年司法試験に一発合格。勉強法・書評のブログです。

民訴法の書評・論点・勉強法

民訴法の書き方1(基本原理に戻る)

民訴法の論点の「上訴の利益」を題材に、答案の書き方を検討していきます。未知の論点に対応するための一つの方法が、基本原理に戻ることです。

平成30年度重要判例解説(後半)

平成30年度重判掲載判例(民事系&刑事系)の個人的なランク付けについて書いています。

ロジカル演習 民事訴訟法と論理的表現力

・司法試験お役立ち度70点、・ひとことで言うと「民訴答案の論理構造を知る」ロジカル演習 民事訴訟法の書評です。

論点精解 民事訴訟法ー処分権主義と訴訟物理論

司法試験お役立ち度75点、ひとことで言うと「民訴の難問対策本」。抽象的な民訴の基礎概念・理論を、判例の要件事実的分析により説明する、「論点精解 民事訴訟法」の書評です。

民事訴訟法の基本書・判例集・演習書リスト〔2019年版〕

筆者がおすすめする、民訴法の基本書・判例集・演習書の2019年度版のリストです。書評は簡単なものです。

民事訴訟法概論

司法試験お役立ち度80点、ひとことで言うと「高橋説が馴染めば最強の基本書」。薄くて何度も通読できる、オススメの基本書です。学習上のアドバイスもたくさんあります。もっとも、高橋説・高橋語はやや癖があります。「民事訴訟法概論」の書評です。