だいたい正しそうな司法試験の勉強法

30代社会人、妻子あり。「純粋未修」で法科大学院に入学し、平成30年司法試験に一発合格。勉強法・書評のブログです。

このブログについて

だいたい正しそうな

 社会人経験10年余、諸事情から地方の法科大学院に入学した30代おっさんの筆者が、「だいたい正しそうな」司法試験の勉強法を考察するブログです。その過程で書評もはさんでいきます。司法試験受験生の皆さんに役立てば幸いです。

 なお、あくまで「こう思った」という主観的な認識しか書きませんので、内容の客観的な正確性は保証ができません。そういった意味で、「だいたい」かつ「~そうな」という二重の防御壁を築いております。私としては、司法試験は「だいたい正しそうなことが…なんとなく書ければ」合格するものだと感じていますので、それでも良いのかなと思っています。

筆者について

筆者の簡単な略歴です。
1980年代@地方都市生まれ。大学の学部は、リベラルアーツ系。一応、映像制作などを専攻。新卒で、在京マスコミに就職。退職後、公務員。結婚してかわいい子供に恵まれる。ある日、何を思ったか法科大学院に入学(事前準備ゼロ)。
1年前期、てんでダメ。1年夏休み、友人や先生のアドバイスもあり、「あ、こーゆーことね。」と感覚をつかむ。1年後期~成績急上昇、首席で修了。
平成30年司法試験に一発合格(総合60位)。

ブログの主な内容

というわけで、筆者は

・非法学部出身者(いわゆる純粋未修)であって
・答練&模試以外、予備校を利用してません。

 従って、このブログの主な内容は、「全くの初学者が、かなり基礎的な部分から、(法科大学院を活用しつつ)短期間で司法試験合格レベルに到達するための勉強法」を紹介する、ということになりそうです。

 勉強法など、ブログの内容について聞きたいことや知りたいことがある方は、お気軽に下記のフォームやコメント欄からご質問下さい。また、ブログをより充実させるために、アンケート(10秒で終わる!)にお答え戴けると、大変喜びます。

アンケートとお問い合わせフォーム